東北地方太平洋沖地震について

2011年5月 1日 (日)

東北地方太平洋沖地震について6ー復活についてー

マンガの更新を復活することについても、いろいろ考えておりました。

災害の起きた日から現在までの話題は、あえて描かない方針で行くべきか?

「お嫁さんハイライト」は、被災者の方から見て不適切なのではないか?

特に「ふざけ要素」の強かった「記憶スケッチ」は、もうやめるべきか?

いろいろ考えた結果…

5月から

完全復活することに

決めました!

一部だけ自粛ということはせずに、
すべての内容を、いつもどおりに更新していきます!

こんなマンガでも楽しみにしてくださっていた、ごくわずかの方には
長いこと休んでいたことを本当に申し訳なく思っています!

まちがえても、「オレのマンガで、被災者の方を元気づける」なんていう
勘違いしたことは言いません!

まちがえても、「オレはマンガが描けるから、他の人よりも偉いんだ!」なんていう
とんでもなく勘違いしたことは言いません!

まちがえても、「あんたの日記の文章は不適切だね」なんていう
ひとの日記をわざわざ自分から見に行ってケチをつけるなんていう
破壊的に勘違いしたことは絶対に言いません!

今、このような災害が起きても
作者とお嫁さんが無事に生活できていることに感謝して、
生活に必要な物がお店で普通に買える状況に感謝して、
材料不足でありながらも、毎日会社に通えていることに感謝して、

日々、感謝の気持ちを忘れずに
マンガを描き続けることを誓います!

また、作者がマジメな文章を書くということも
これから先、絶対にしないことを誓います!
(これがイチバン辛かったです…)

まずは、みやび展の表紙で「ごあいさつマンガ」を更新いたしまして
その後は、予定していたのに更新できなかった
いろいろなものを随時更新していく形になると思います。

ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした!

これからも、よろしくお願いいたします!

やまだ雅教

にほんブログ村 漫画ブログ ギャグ漫画へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

東北地方太平洋沖地震について5ー今後についてー

このような災害が起きてしまった以上、
今は、くだらないマンガを描いたり更新したりしている場合じゃない!

そう考えて、いままで更新を中止していたわけですが
この間、いろいろなことがありました。

義理の父親(えっちゃん)からは、
「日本全国が自粛に走るのはよくない!」
「震災をテーマにしたマンガを描いてみではどうか?」
「あるマンガ家さんは、すでに震災マンガを描いたそうだぞ!先を越されたな!」
と言われていました。

お嫁さんからは、
「この災害が復旧するのって、だいぶ先の事だと思うよ。」
「それまで、ずっと休むの?」
「もしかして、一生休み続けるつもりなの?」
と言われていました。

しかし、この時期の作者自身がギャグを考える力をかなり失っていまして
テレビやネットで被災者の方の状況を見るたびに悲しくなり、
なかなか良い方向に進まない発電所の状況に辛くなり、
そんな状況の中で「増税」の話を毎日持ち出す、偉い先生方の顔を見るたびに
思うことがある(増税自体が悪いと言っているわけではありませんが、
何もこんなときに言い出さなくでも…といった話です)
とてもお笑いマンガを描ける状態ではありませんでした。

かと言って、ネット上で何も更新しないというのもどうかと思い
それなら、ここのブログで震災の話を書こうと考えました。
しかし…

いままで、ふざけた文章しか書いたことが無い作者にとって
マジメな文章を書き続けるということが、さらなる障害となってしまい
それさえも、なかなか更新できなくなってしまいました…
(今回の文章も、かなり無理をして書いております)

やはり作者の人生には、
「お笑いをやるのか?」
それとも、
「何もしないか?」
この2つしか選択肢が無いということがわかりました。

ーつづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

東北地方太平洋沖地震について4ー仲間その2ー

「岳駒(たけこま)」さんは、5年くらい前からのお付き合いで
どんな逆境にも負けずに家庭を守り続ける
まさに作者の人生の大先輩と言えるお方、
そして、最近ではmixiで「みやび展FAN倶楽部(正式)」というコミュニティまで
作ってくださった方でもあります。

岳駒さんは長野県にお住まいですが
幸い、被害は無かったとのことですが
ご親戚の方が発電所から近くにお住まいということで
岳駒さんのご自宅に避難されているそうです。

このように、自分自身に直接の被害が無くても
親戚や友人などが被害をうけている場合がありますし、
作者と直接のやりとりが無い読者様の中にも
同じような境遇の方、もしくは被災者となった方や
最悪の事態になってしまった方もいるかもしれないのが現実なのです。
今、日本中のほとんどの方が
なんらかの形で、被害をうけているといっても過言ではないと思われます。

このような状況の中で、
作者が、いつものようなマンガやイラストをネット上で公開するのは
ちょっと難しいのではないかと考え、
しばらくの間、「みやび展」と「記憶スケッチ(mixiアプリ)」の更新を
お休みすることを決意いたしました。

ーつづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

東北地方太平洋沖地震について3ー仲間その1ー

マンガ家にとって、いちばん大切なものは何か?

それは、読んでくださる方、つまり「読者様」だと考えております。
ワタクシ「やまだ雅教」は、10年前から「みやび展」というサイトで
変なギャグマンガを描き続けてきましたが、
ここまで続けられたのも、やはり読者様がいてこそ。
そうです。「読んでもらってこそのマンガ」なのです。

なので、このような災害があると
心配になるのは読者様のことです。

作者が今現在、やりとりをさせて頂いている読者様の中で
もっとも危険な場所にお住まいの方が数人います。
1人は、福島県にお住まいの「水鳥(みずとり)」さんです。
作者が「みやび展」を始めてすぐに知り合った方なので
10年前からのお付き合いになるのですね。

水鳥さんは、マンガやCGを描く方で
作者の描くマンガとは、ジャンルは違うのですが
それでもネット上で作品を公開する者どうし
よき戦友でありたいと考えております。

水鳥さんは、棚の物が落ちてくるといった被害はありながらも
幸い、ご無事だったのですが
現在、ガソリンや灯油の不足、それによって
お勤め先の会社も大変なことになっているそうです。
今は節電に努めながら、マンガの下書きをなさっているとのこと。
物資の不足や、発電所の問題で、まだ安心できない日が続くと思いますが
がんばっていただきたいと思います。

そして、もう1人は長野県にお住まいの「岳駒(たけこま)」さんです。

ーつづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

東北地方太平洋沖地震について2ー家族ー

2月から3月にかけて、会社の仕事が忙しく
仕事が落ち着いてからも、ちょっと体調を崩してしまいまして…
その後、体調も良くなり、いよいよマンガを更新しようか、
そんな矢先に、恐ろしい災害が起きてしまいました。

作者とお嫁さんは、この災害につきましては全く被害が無く
今日も普通に生活できていることが、ありがたく思います。

日記でよく登場している義理の父(えっちゃん)は東京に住んでおりまして
震災後、毎日のようにメールや電話で連絡を取り合っていますが
昨日もおとといも地震があり、いざというときのために
玄関のカギは開けっぱなし、そして寝るときも安心できず
すぐに非難できるように、服を着たまま寝ているそうです。
父の仕事は運送業で、このような事態となった今、配達がすごく忙しいそうです。
しかしながら、高速道路は緊急車両が優先となり
下の道を走れば、ガソリンスタンドの給油待ちの交通渋滞で先に進まず
早朝出勤であるにもかかわらず、帰宅は深夜となり
毎日大変な思いをしております。

埼玉県には親戚も住んでおりまして
こちらも、あらゆる物が品切れとなり、大変な事になっております。

さらに、作者が心配しているのは
いつもマンガやブログを愛読してくださっている
大切な仲間(読者様)なのです。

ーつづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

東北地方太平洋沖地震について1ーお知らせー

3月11日金曜日に発生した東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
しばらくの間、通常の日記はお休みさせていただきまして
地震についてのお話や、作者とお嫁さんの近況などを随時更新していきます。

追伸・作者とお嫁さんは北海道の室蘭市に住んでおりますが
幸いこの町にはそれほどの被害も無く、無事に生活できております。

ーつづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)